スポンサーサイト  はてなブックマークに追加 このエントリのはてなブックマーク数
 |  Twitter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットでできる友達の輪


カテゴリ「スポンサー広告」内の最新記事

カテゴリ別最新記事
Loading
--/--/--(--) | Permalink  |  スポンサー広告   ランキング   EDIT   Top↑
ご両親はとても倹約家だったので、彼もそれに似てちょっとセコケチなところがあった  はてなブックマークに追加 このエントリのはてなブックマーク数
このヒトは無理だと悟った瞬間101
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/ex/1315339104/

765 :恋人は名無しさん:2011/09/24(土) 18:46:46.24 ID:sW8QLoWc0
高校卒業してから8年くらい付き合ってた元彼。
すごくマジメで優しくて、頭も良くて、弁護士目指してずっと頑張っていた。
ご両親はとても倹約家だったので、彼もそれに似てちょっとセコケチなところがあった。
最初は色々戸惑ったが、付き合っていくうちに慣れてしまい、気にならなくなっていた。
彼は努力の甲斐もあってエリートルートをスイスイ進み、都内の某大手事務所に弁護士として就職した。
(初任給で7ケタ近くするが、仕事もハードで有名なところ)

その途端、人が変わったように金遣いが荒くなった。
以前は「ユニクロで十分w」とか言っていた人が、毎日のようにブランド服を買い漁ったり、
車にお金をつぎ込むようになったり、続かない習い事をやり始めたり、
タクシーに乗って「釣りはいらないよ」的なことをしたり、
電気やクーラーをつけっぱなしで寝たり。
(以前は「勿体無い!」と言ってこまめに消していた)

ずっと勉強頑張ってたし、自由になるお金が入るようになったし…とは思ったものの、
今までの彼とは時限が違いすぎて、段々引いてきた自分がいた。

そんなある日、彼がファ●マに買い物に行くというので、Tポイントカードを渡したところ
「俺、そういうセコイっていうかケチケチすんのイヤなんだけど」と冷たい一言。

…昔から「ポイントカードは必須!俺が忘れてる時は渡して!勿体無いから!」
って、しつこく言っていたのは誰だったんですか…。

結局そこからDV男になり、ある日寝てる時に首を締められたので別れました。
出て行く時は土下座で号泣されたけど、その時にはもう冷め切ってました。

だけど、彼のせいで長年身体に染み付いた貧乏グセが治らなくて困ってる…。

766 :恋人は名無しさん:2011/09/24(土) 18:58:30.14 ID:41xMaQkPO
金はヒトを変えるのかね。
そんな大金一気にもらえるようになったんだから変わるのは仕方ないんじゃないかな
とはいえいきなりDV男になったのはよくわからないけど
元からそういう気はあったんじゃないかな

767 :恋人は名無しさん:2011/09/24(土) 19:25:07.06 ID:RvWO2cOI0
もともと倹約家的な性格だったんじゃなくて、我慢してただけだったんだろうね



関連記事
ネットでできる友達の輪


カテゴリ「価値観」内の最新記事

カテゴリ別最新記事
Loading
2013/07/10(水) | Permalink  |  価値観  |  コメント(3)   ランキング   EDIT   Top↑



この記事へのコメント

  1. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん :2013/07/10(水) 14:33:07 ID:- [編集]
    好きで倹約してるのと倹約せざるおえない状況とで大分違うだろうからな、多分後者だったんだろ。この場合お金が人を変えたんじゃなくて、お金のおかげで束縛から解かれただけだろうな。

  2. 名前: 悟ってない名無しさん :2013/07/10(水) 16:07:56 ID:- [編集]
    仕事のストレスもあったんかね
    いきなり寝てる人の首なんてしめないでしょ

  3. 名前: 悟ってない名無しさん :2013/07/10(水) 22:05:46 ID:- [編集]
    金遣い云々は正直枝葉だな。
    寝てるときに首絞められたで別れる理由は十分だ。そんなことされたら俺も別れる


コメントを投稿する

※Spam防止のため、「http://」を禁止ワードに設定してあります。
※本文のみで書き込めます。

 管理人にだけに表示  (管理人にのみ公開されます)

下ヘッドライン



最近の記事(30件)



人気記事





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。